今日は、なぜ私がサロンをオープンしたのかをみなさんにお話したいと思います。

病気がちだった子ども時代

話は昔に遡ります。私は12歳の時に、血液の量・濃さが正常値の3分の1しかなく、白血病一歩手前という診断が下されました
それからは体育はいつも見学、部活はスコアブック係、電車に乗ればすぐに貧血。薬に頼り切った生活が始まりました。
10代の終わり頃一旦は回復したものの、今度は心とカラダのバランスを崩し、それまで以上に薬の量が増えていき・・10代20代は薬漬けの日々。

当時の私はちょっとしたことで息が切れ、カラダに制限がかかりカラダは悲鳴をあげる。
顔は青白く「THE不健康・病弱」。医師からは運動禁止と言われ、当たり前のことが当たり前にできませんでした。

そんな自分のことを、美しくない、キレイじゃないと感じていました。
一方で、苦しみや痛みが分かるからこそ、キレイになりたい!カラダに制限なくカラダが楽な状態になりたい人のお役にたてるんじゃないかとも感じていました。

キレイになりたい!キレイになりたい人のお手伝いがしたい!という気持ちから、エステティシャンの道を選ぶも・・・

苦しい日々を過ごす中でも、「キレイになりたい!キレイになりたい人のお手伝いがしたい!」という想いがドンドン強くなり、20歳の時に、高校生の頃からの夢だった「エステティシャン」になりました

エステティシャンは、お客様に喜んでもらえる嬉しさ・幸せ・充実感、やりがいを感じる仕事でした
休日はほとんどなく仕事はハードでしたが、その分腕は上がり、いつしか「マッサージマシーン」と言われる程にまでなりました

当時は、痩身をメインにした外見を磨くことが私の仕事でした。
しかし、仕事を続けていく中で「痩せている=美しさではない」と感じ始めるようになったのです

同時に、外見だけではなく、もっとお客様の内面に寄り添ったエステティシャンになりたいという想いが生まれてきました。
気持ちは日に日に大きくなったけれど、仕事があまりに多忙で、お客様の内面に寄り添ったエステティシャンになるための自分磨きをする余裕は全くありませんでした

そうやって自分の心をだまして仕事を続けた結果、徐々に心の状態は悪化しはじめてしまいました。
薬が年々増えていき、ついには治療に専念する必要があるという状態になってしまったのです。
結果として仕事を辞めざるをえなくなってしまいました。私にとってこれは、とてもツライ決断でした。

健康になるために薬を飲んでいたはずが、むしろ薬によって心もカラダもボロボロになり、健康とは程遠い状態になってしまったのです。

再び体調を崩すも、ヨガと出会い、本当の意味での「心とカラダの重要性」に気づく

少しでも健康になりたくて、カラダに良いとされるありとあらゆることを試してきました。
整体や針、心理カウンセリング、アロマの資格を取得するなど、健康になりたくて必死に努力してきました。

しかしなかなか健康状態は良くならず・・・
なんで?なんでこんなことに?そんな想いだけがどんどん膨れ上がっていきました。
もう好きな仕事もできない、普通の生活すら送れない。辛くて、どうしようもなくて、不安と絶望の中に沈んでいくばかりの日々。

そんな中、ヨガに出会い、本当の意味での心とカラダの重要性に気づき始めました。その時、私の心の奥からある想いがわいてきました。

このままではいけない!私どうしても変わりたい!もう薬漬けの日々は嫌!もがいて苦しんで、それでも薬に頼るしかない日々を絶対に卒業するんだ!

私は、全ての薬を断つことを決意しました。
かんたんなことではなく、壮絶な日々が続きました。気合と気力だけで過ごした時間。3ヶ月かけて、ようやく薬断ちに成功したのでした。

ずっと探していた、「アーユルヴェーダ」との出会い

薬を断つために日々闘っていた頃に、アーユルヴェーダを知りました。私はすぐに学びに行き、アーユルヴェーダの世界に引き込まれました。
それまで整体や針、アロマなど色々試してきましたが、どれも効果の実感はなく、その場しのぎに感じていました。

けれどアーユルヴェーダは、一人ひとりに合った方法で心もカラダも健康になり、その人らしさを取り戻すというものでした。
直感的に、「あっ!私がずっと探していたのはこれだ!」、そう感じました。

アーユルヴェーダ哲学には物凄い衝撃を受けました。
人の心とカラダには、自然のエネルギーが大きく関係していること。その人の体質傾向によって適した食べ物・睡眠・ストレス発散法・日常の過ごし方があるということ。

何より、それまで私が「健康になりたい」と思ってやってきたことが、実は自分には合っていない方法だったというのを知ることになりました。

実際アーユルヴェーダを実践してから私のカラダは激変したのです。
寝つきが悪い・偏頭痛・生理痛・子宮筋腫・ひどいむくみ・メニエールなど、それまで私を苦しめてきた多くのことが改善しました。

自分に合った食事法により感情も落ち着き、イライラすることも少なくなりました。
以前は辛い物が大好きでしたが、実はこれが私には合っていない食べ物で、それによって心にも影響を与えていたのです。

不思議なもので、あれほど薬漬けだった私が今では病気ひとつしませんし、風邪すらひかなくなりました

表面だけの美しさを磨くことへの違和感と疑問を、自分のサロンで解決したい

周りからは、毎日楽しそうとか、顔色いいね~とか言われるまでになったのです。以前との違いは何かと言えば、それは本当にちょっとしたこと。
でもその小さな違いこそが、心やカラダに大きく影響を及ぼすことが今なら分かります。

アーユルヴェーダを始めて、自分の心やカラダの声を感じることの大切さ、健康でいられる、普通に生活できる喜びを改めて感じることができるようになったのです。

アーユルヴェーダだけではケアしきれないところは、「筋膜リリース」を学びに行き、技術を深めていくうちに今の筋膜の師匠と出会い、色々な角度からお客様のお悩みをケアできるようになりました。

そしてエステティシャン時代に感じた、表面だけの美しさを磨くことへの違和感と疑問を、自分のサロンで解決していこうと決めサロンをオープンしました

さいごに

流行りのダイエットや食事制限をしなくても、一人ひとりに合った方法を実践すれば、理想の体型を手に入れられること。
なりたい自分になるためには、カラダだけではなく心のケアも不可欠なことを、もっとたくさんの人に知ってもらいたいです。

長い間、ツライ想いをした私だからこそ、あなたの悩みは本当に痛いほどわかります。そして、自分に自信を持ち、楽しさや幸せをもっともっと感じてほしい!

カラダに制限なく、思う存分やりたいことを楽しめるようになってもらいたい!
あなたの内面から溢れるキラキラした魅力を引き出すお手伝いをしたい!

美しく変わっていくあなたを見て、私も一緒に喜びたい!
そんな想いを込めて、おひとりおひとりをサポートさせて頂きます。

心もカラダも健康であること=それが本当の美しさだから。