アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダは、インドの伝承医学。
一人ひとりの自然治癒力を高めます。

みなさんは、「アーユルヴェーダ」という言葉をご存知でしょうか?

アーユルヴェーダは、世界でも古い歴史のある「伝承医学」の1つ。
インドで3千年以上前に誕生したアーユルヴェーダは、現在もインドの伝統的な健康療法として活用されています。

アーユルヴェーダでは、薬草療法、食事療法、生活習慣を正していくことが、日々の健康を維持し、病気になりにくいカラダをつくると考えられています。

現代の医学とはやや異なる施術法、考え方をもつアーユルヴェーダ。
ルクラでも、アーユルヴェーダに基づいたオリジナルのメソッドで、みなさんの心とカラダをほぐしています。

ここまで読まれて、「アーユルヴェーダって聞いたことあるけどよくわからない・・・」、「アーユルヴェーダって初めて聞いた!」、「マッサージとは違うの?効果はあるの?」など、疑問に思う方も多いでしょう。

今日は、アーユルヴェーダとは何なのか、一緒に学んでいきましょう!

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダは、南インド発祥の伝承医学です。
伝聞、文献などをの記述を元に、5000年以上もの間伝承され続けているアーユルヴェーダは、インドの人々にとっては身近な健康療法。

アーユルヴェーダのもたらす健康効果に注目が集まり、現在はインド政府だけでなく、世界中の機関がアーユルヴェーダの効果について臨床試験や基礎研究をバックアップしています。

「アーユルヴェーダ」を直訳すると、「生命の智慧・科学」という意味をもちます。
「個人の医学」、「体質の医学」、「若返り法」とも呼ばれ、自然のエネルギーを利用して人間一人ひとりの自然治癒力を高めることで、心とカラダのバランスを整えていくことがアーユルヴェーダの療法となります。

通常、病気というものは発覚してから治療を行いますが、アーユルヴェーダには、「病気を生み出さない」という特徴的な考え方が前提にあります。
例えば、漢方には病気を未然に防ぐ、「未病」という考え方がありますが、アーユルヴェーダは「未病」すらも防ごうという考え方なのです。

アーユルヴェーダは人がより豊かに、美しく健康的に生きるための知恵をたくさん教えてくれる、世界三大伝承医学。
WHO(世界保健機構)からも、代替医療(CAM)として認められいます。

アーユルヴェーダの考える健康とは

アーユルヴェーダにとって「健康」とは、質のよい睡眠によって心とカラダが回復でき、栄養をきちんと吸収・消化、不要なものは排泄できる、といった、滞りのないバランスの取れた心とカラダのことを指します。

生まれ持ったエネルギーバランスは、日々の生活環境の影響を受けやすく、変化していきます。
人間関係や食生活、生活習慣、加齢など、良くも悪くも人間は外からの影響を常に受けるもの。
そのため、気づかないうちに心身に毒素(老廃物)がたまってしまうのです。

アーユルヴェーダは、心身にたまった毒素(老廃物)を除去することから始まり、心身ともにデトックスします。
さらに、乱れてしまったエネルギーバランスを本来のエネルギーバランスへと戻していくので、心身ともに、健やかに、ラクになれるのです。

ドーシャとは

アーユルヴェーダでは、宇宙と植物、そして私たち人間の持つ5つのエネルギー(風・空・火・水・地)からなる3つの「ドーシャ」からできていると考えられています。

3つの「ドーシャ」は、生まれた時、もしくはお腹にいる時(諸説あり)にすでに決まっており、このバランスで性格的な個性と肉体的な特徴が変わってきます。
同じ環境で育った兄弟や双子でさえ性格や特徴が違うのも、生まれた時、もしくはお腹にいる時に決まった、エネルギーバランスによるものだと言われています。

ヴァータ(風・空)

循環と発想力のエネルギーである、ヴァータ。
すらっとした体型の方が多いですが、不規則な性質を持つため、バランスを崩すと体重の増減が激しいという一面もあります。

元々体力があまりなく、疲れやすい傾向があります。
質の良い睡眠時間を長めに取るようにしましょう。

ピッタ(火・水)

燃焼と計画力のエネルギーである、ピッタ。
中肉中背で、スタイルがよい方が多くみられます。

熱性の性質を持つため、情熱的で責任感があり目標に向かってつき進みますが、一方で周りが見えなくなるほどの集中力も。
自分の体調の変化に気づかず、自分を犠牲にしてしまいがちになる傾向があります。

ストレスをためやすいので、たまる前に心とカラダのケアをしましょう。

カファ(水・地)

結合と持続力のエネルギーである、カファ。
しっかりとした体格で、ふくよかな方が多いです。
のんびり屋であり、とても体力がありますが、ため込みやすい性質があるので、むくみやすく太りやすい傾向があります。

安定の性質があり愛情深く穏やか。1つのものを大事にする一方で、粘着の性質も。
心身のバランスを崩すと、執着してしまいます。
普段から、身体を積極的に動かすとよいでしょう。

ドーシャは、お互いがバランスよく均衡を保っているのが理想の状態。
しかし、元々の体質や、生活や環境などの外からの影響によって、3つのドーシャのバランスは常に変化しています。

1つのドーシャが過剰になってしまうと、心身のバランスが崩れ、体調不良に陥ってしまいます。
そのため、アーユルヴェーダでは、3つのドーシャのバランスを均衡に保つための施術を行っていきます。

アーユルヴェーダの施術内容

アーユルヴェーダでは、先ほど述べた健康へのアプローチ、3つのドーシャを基に、薬草類や独自の成分で配合された薬、食事療法、運動、生活習慣のアドバイスなどを行なっていきます。

決まった施術法というものはなく、一人ひとりに応じた施術の提案をするのが、アーユルヴェーダの特長。
そのため「個人の医学」とも呼ばれているのです。

「アーユルヴェーダサロン lecura」では、アーユルヴェーダの考え方に基づいて、オリジナルのメソッドでみなさんの心やカラダをデトックスしていきます。

まずはカウンセリングをし、一人ひとりの心とカラダの状態をチェックしてから、その方にあった薬草オイルやマッサージで施術を行います。
アドバイスに関しても、内容はお客様によって異なります。

当サロンのアーユルヴェーダコースに関する情報は、こちらをご覧ください。

アーユルヴェーダコース

アーユルヴェーダの効果

アーユルヴェーダによって心とカラダのバランスが整うことで、本来持っているパフォーマンスを引き出せるようになります。
リラックス効果だけでなく、心とカラダに嬉しい効果を実感できます。

具体的には、以下のようなカラダの改善がみられます。

  • リンパや血液の流れが良くなる
  • むくみ、冷え性、首こり、肩こり、腰痛、頭痛など軽減される
  • 骨盤調整、リフトアップ、カラダの怠惰感の解消
  • 疲労回復能力アップ、代謝アップ、柔軟性が高まることで可動域も広がるのでケガの防止にもつながる
  • カラダが引き締まる、ヒップアップ、メリハリのあるカラダのラインがつくれる

当サロンにいらっしゃるお客様の中には、首こり・肩こり・腰痛のお悩みを抱えている方が多く見られます。

あらゆる整体やマッサージにいっても、なかなかよくならなかったカラダの辛い部分が、アーユルヴェーダコースを受けたことでスッキリ解消された!という嬉しいお声も。

心とカラダの不調に向き合いたい、本気で治したい、そんな方を「アーユルヴェーダサロン lecura」ではお待ちしております!

日々の疲れを癒すことに特化したコースです。
アーユルヴェーダ理論をベースにした、ルクラのオリジナルメソッドで、痛みなくリラックスし、日々の疲れから解放されるようにいたします。
カラダだけではなく、お顔・頭もトリートメントしていきますのでリフトアップ効果もあります。身体の様々なポジティブな変化を実感できると好評です。

アーユルヴェーダコース